第3回 茶論「相談を受けた時のつなぎ方」

10月5日(水)13:30~富山県総合体育センター研修室にて行いました。


今回のテーマは「相談を受けた時のつなぎ方」でした。


人から相談を受けたとき、自分では対応が難しいと感じる時、

どうしていますか?


ゲートキーパーネットでは、地域活動をはじめとする、民生委員・ひきこもり支援ボランティア・福祉ボランティア等、さまざまな活動をされている方が集まっています。


今回もグループに分かれて、テーマについて聞き合いをしました。また、グループの話の中で良かった話を、みんなで共有しました。

体験を交えてのお話も多く、その方の人柄や悩み、活動への姿勢がとても良くわかりました。


「参加された方の感想」

・参加されたみなさんは、自分が関係している課題について、とても真剣に向き合っておられた。一方では、向き合い過ぎて自身にも課題を背負っておられる感じがしまいした。

茶論に参加することによって、少しでも荷物を置いて行かれたことをいのります。


・顔は知っているが、どんなことを話せば良いか等、考えながらの今まででしたが、相手のことを理解できたら話しやすくなりました。話している人に耳を傾けることが大事と、改めて思いました。


[今後の予定]

第4回 研修会

日時:11月5日(土)13:30~16:30

場所:サンフォルテ304号

内容:「交流分析について」講師 五十嵐いさ子さん


第4回 茶論

日時:12月7日(水)13:30~16:30

場所:富山県総合体育センター1F研修室

内容:「自分の活動フィールドと具体的事例紹介」

0コメント

  • 1000 / 1000

ゲートキーパーネットとやま

ゲートキーパーネットとやまは身近な人の心の声に気づき、地域のなかで支えあう核となるゲートキーパーネットワークづくりの推進活動しています。