第5回 「ゲートキーパーネット茶論」

テーマ「自分が認知症、うつになったと感じたとき」
日時 3月1日(水)13時30分〜16時30分
場所 富山県総合体育センター
参加者 21名

4グループに分かれてテーマについて意見を交わしました。
自分がうつっぽいと思った時には、まぁいっか!と気持ちを切り替える方。
悩んだ時の気持ちの持っていき方をパターン化している方。
人によって色んな切り替え方があって、皆さん自分自身の経験によって習得されてるんですね。

相手がうつっぽい時には、
「否定しない。わざと失敗して相手を安心させる」
「一緒に悩まない。ひたすら相手の話を聞く」
「そうなんだ。そうだね。と、"そ"が、はじまりの言葉で優しく、相づちをうち、話を聞く」
などなど。

皆さん、それぞれ気をつけて相手の話を聞くことに意識を向けているので、すごいなぁ。と感じますね。

最後に、立瀬先生がフランクリンの言葉を紹介してくださいました。

「悩むことはいいんだけど、苦しまない」

やっぱり切り替え大事ですね。
次回の茶論は、
6月7日(水)13時30分〜16時30分
富山県総合体育センター 研修室

テーマ「良いコミュニケーション、悪いコミュニケーション」です。

お気軽にご参加ください。

0コメント

  • 1000 / 1000

ゲートキーパーネットとやま

ゲートキーパーネットとやまは身近な人の心の声に気づき、地域のなかで支えあう核となるゲートキーパーネットワークづくりの推進活動しています。