2020年度 研修会活動計画

1. 7月25日(土)  講師 相山 馨 氏    富山国際大学 准教授          「みんなで支える自殺予防」            誰も追い込まれることのない地域共生社会の実現に向けて       終了後、意見交換会(茶論)2. 9月5日(土)  講師 麻生 光男 氏   心の健康センター所長           「小児・若者の自殺予防」       講師 松居 和世 氏   キャリアコンサルタント・産業カウンセラー           「生きづらさを抱えた若者の現状と支援」       終了後、意見交換会(茶論)3.11月21日(土) 講師 櫻井 ひろみ 氏  富山カウンセリングセンター 代表           「未定」4. 12月 5日(土) 講師 西山 志満子 氏  富山大学学術研究部 講師           「思春期・青年期のこころのリスクと早期介入」         終了後、意見交換会(茶論)5.1月23日(土)   講師 門田 晋 氏    NPO法人 むげん 代表           「未定)                          終了後、意見交換会(茶論)6.2月27日(土...

「ゲートキーパーネットとやま」

「ゲートキーパーネットとやま」からのお知らせ*一緒に学び             ゲートキーパーの役割をskill upしませんか!・国民の20人に一人が一年以内に自殺を考えたことがある。                (2016 厚生労働省実施 意識調査)・半数以上が自殺念慮や自殺未遂を経験しても相談しない。・5人に一人が身近な人を自殺で亡くしている。     (日本財団自殺意識調査 2016)自殺対策は悩んでいる人に声をかけ、寄り添い、関わりを通して「孤立、孤独」を防ぎ支援することが重要です。(内閣府 HP)≪地域で何となく気になっていた人に声をかけ、よく話をするようになり、一緒にお茶をするぐらいになった時、実はあの頃死のうとしてたんだ、、、という事例もあります≫*地域にいる私たちゲートキーパーは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聞ける距離にいます。そして孤立を防ぎ支援することができます。☆悩んでいる人にどのように関わるのがいいのでしょうか?     ・寄り添い「聴く」って?     ・専門家につなぐには、どうすればいいのか?     ・専門家はどこにいるのか?*ゲートキーパーネットとやまは専門家の講師、民間団体の講師をお招きし、2ヶ月に1回、研修会を開催し、その後意見交換会を実施しております。学びを深め...

2019年度 事業報告

5月11日(土)    定期総会        第一回研修会    講師   相山 馨 様    富山国際大学               テーマ  「地域共生社会の実現と自殺予防」7月13日(土)   第二回研修会      講師   宮田 隼 様    「ひとのま」代表               テーマ  「虐待からの脱却~生き抜く力」                終了後、参加者の「情報交換会」9月14日(土)    第三回研修会  講師   高倉 恭子 様   富山大学                 テーマ     「セルフネグレクト~ゆるやかな自殺                     への支援」               講師   林  夏生 様   富山大学                テーマ   「性の多様性・LGBTQと自殺予防」11月6日(水)     第四回研修会  講師   松岡 節子 様   JTAA交流分析士                テーマ  「みんなは決してあなたをひとりぼっちに                     しません」               ...

2018年度自殺対策等関連団体交流会

11月11日(日)13:10〜サンシップにて、県内の各種11団体が集まり交流を行いました。まずはじめに、富山県自殺対策推進センターの麻生所長より、開会の挨拶がありました。富山県における自殺の現状や対策の現状等のご説明があり今後、県内の団体と協力しながら普及啓発の推進をしていきたいとの激励の言葉を頂きました。

茶論日程

2018年度 場所:富山県総合体育センター研修室 住所:富山市秋ケ島183(富山きときと空港となり)参加費:500円第一回 6月6日(水)13:30~16:30「知っていますか?DV」~DV被害者の心理~一般社団法人ウイメンズカウンセリング富山講師 代表理事 亀田紀子 氏第二回 9月5日(水)13:30~16:30「地域で防ぐ若者の自殺」NPO法人 ここらいふ 講師 代表 松本純子 氏第三回 12月5日(水)13:30~16:30「ゲートキーパーとしての活動を振り返る」

研修会日程

2018年度場所:富山県総合体育センター(研修室)住所:富山市秋ケ島183(富山きときと空港となり)参加費:500円第一回 5月12日(土)13:30~16:30講師:立瀬 剛志(富山大学 疫学 健康政策講座)「ゲートキーパーの役割を見直す」第二回 8月11日(土)13:30~16:30講師:塩谷 亨(金沢工業大学 心理科学研究科) 「ポジティブ心理学をベースにした傾聴ワーク」第三回 10月6日(土)13:30~16:30講師:須永 恭子(富山大学 看護科)「支える人にも支えはいる~支えの継続に必要なこと~」

第4回研修会「地域でできることを考えてみる」

今日の研修会は、ひきこもり家族自助会とやま大地の会代表山岡和夫さんにお越し頂き、テーマ「地域でできることを考えてみる-引きこもる当事者、家族に寄り添う支援をめざして-」として、お話頂きました。自助、共助、公助とは、近頃は国は、共助を強調している。要するに…個人や家族の難しい問題を地域が支え、地域で難しい問題を行政が支えること。自分達が疑問に思ったことは繋いでいくこと。それが大切。

第3回茶論「高齢者の孤立を防ぐには、どんな方法があるか」

第3回ゲートキーパーネット茶論が10月4日に開催されました。テーマは「高齢者の孤立を防ぐには、どんな方法があるか、どんな関わりがよいか」で、3グループに分けて和気あいあいと話し合いが進みました。民生委員さんの秘話や、現代を反映した4世代家族間の高齢者の孤立など参加しなければ聞けない内容でした。