ゲートキーパーネット

ゲートキーパーネット事務局です。
みなさんの心に寄り添いながら活動しています。

記事一覧(20)

第2回茶論「病気を抱える方、介護をしている方への関わり」

H29年度 第1回研修会&定期総会

5/6(土)今年度のゲートキーパーネット活動がスタートしました。29年度、第1回研修会は『地域ぐるみの自殺対策』講師:立瀬剛志先生まずは改めて、ゲートキーパーとは何かを説明されました。「ゲートキーパーとは自殺の危険を示すサインに気づき、声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守ることができる人」そして、悩んでいる人に寄り添い、関わりを通して孤立、孤独を防ぎ、支援することが重要であり、1人でも多くの方にゲートキーパーとしての意識を持ち、それぞれの立場で出来ることを進んで行動を起していくことが自殺対策につながります。(内閣府共生社会政策HP)また、ゲートキーパーネットワークは、県内広域のソーシャルキャピタル形成という橋渡し型で、色んな地域の方との交流があるため、情報収集の範囲は広く、多様性に富んでる。自殺研究の現在、自殺の心理、トータルメンタルヘルス介入としてのコミュニティモデルのお話がありました。その中で、地域の課題として、厚労省の自殺対策に関する意識調査を元に、このような話がありました。日本中で自殺対策は大切だと思う人は8割いるが、自分に関係ない、分からないと思う人が3割いて、重大な問題であるにも関わらず、多くの社会では、この問題を議論することすらタブー視している。では、どうやって自殺を減らすことができるのか?多くの要因が重なることで自殺へと向かってしまうのをどうやって止めるのか?ピンポイントに危機が迫っている人に働きかけをすることは、なかなかありません。ですから、人口アプローチ(ポピュレーション)を行い、富山県全体の心を元気にしていく活動が不可欠。そうした話から、改めてゲートキーパーを地域の皆さんに知ってもらう活動は大切だと感じました。自分から発信していく言葉ひとつひとつが、波及し、その輪が広がっていくことで、みんなの心を元気にし自殺率を下げていく。自分にできるほんの少しのことに気づき、できる範囲でできることを行うこと。自殺対策をいう言葉の重みを払拭し、明るい兆しが見えるお話でした。これなら自分にも出来るかも?と思ってもらえたかな?自殺にまつわる実態として一生の内に4分の一の人は死にたいと思ったことがあるとの話がありました。また、悩みを相談をすることへのためらいが女性よりも男性の方がためらうことも分かりました。悩みを聞いてもらえる人がいるにも関わらず…自分からは言えないけど、相手に気づいて欲しいと思っているということなんですよね。また市町村別の自殺率(H21〜27)やその傾向について詳しく説明されました。県内でも、こんなにも違うのかと、とても驚きました。その後に他団体の取り組みの紹介があり、地域の実態に応じた自殺対策に向けてワークを行いました。今後の取り組みの参考にもなり、とても勉強になりました。立瀬先生ありがとうございました。